menu

クレカ現金化のリスクとは?

HOME » クレカで現金化 » クレカ現金化のリスクとは?

クレカ現金化のリスクとは?

クレカ現金化は、犯罪・リスクが高いといったイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。
クレカ現金化には、主に4つのリスクがあります。

1つ目は、クレジットカードの利用規約に違反する行為であるという事。
ショッピング枠を現金化に利用したことが発覚すると、クレジットカード会社から強制退会となります。
そのカード会社のクレジットカードは、退会後発行することは出来ないでしょう。

2つ目のリスクは、1つ目のリスクに続くものですが、利用した金額の一括請求が行われます。
リボ払いにしていたもの、クレカ現金化に利用した金額、キャッシングで借りていた金額も一括で支払わなければなりません。
クレカ現金化を行うほどお金に困っている状態で、カード利用金額の一括請求に対応出来るケースは少ないでしょう。

3つ目のリスクは、自己破産が出来なくなる可能性が非常に高いという事。
何度もクレカ現金化を行う様な悪質な場合を除き、自己破産が認められるケースもあります。
しかし、不利になるということを理解しておきましょう。

4つ目は、悪質業者に申し込みをしてしまい、トラブルに巻き込まれるリスクです。
カード決済を行ったのにも関わらず送金されない、手数料を請求されるというケースが多いです。
また、クレジットカード情報を提供してしまい、不正利用被害に遭う場合もあります。
知名度が高く、リピーターも多い優良な現金化業者を選びましょう。

クレカ現金化は、自分で行うことも可能です。
しかし、自分で行う場合、1つ目で紹介したカード利用停止のリスクが高くなります。
2つ目の一括請求については、経済状況によって対応出来ない方も居るでしょう。
そのため、クレカ現金化では専門業者を利用することがおすすめです。
申し込み、指定商品の購入から送金まで10分〜20分程度で済む場合も多いのです。
自分で行う場合に掛かる時間やリスクを考えると、優良な現金化業者を探した方が良いでしょう。
リスクを下げることは勿論、時間も短縮できます。