menu

クレカ現金化のやりかたとは

HOME » クレカで現金化 » クレカ現金化のやりかたとは

クレカ現金化のやりかたとは

クレカの現金化は、すぐにでも現金が必要な場合に行う方法です。
基本的に、クレジットカードで直接現金を手に入れることは出来ません。
キャッシング枠を利用することによって直接現金を手に入れることも可能ですが、クレカ現金化を行う方のほとんどはキャッシング枠も限度額に達しているケースが多いのです。

クレカ現金化とは、「ショッピング枠」を利用して現金を作るやりかたです。
ショッピング枠を利用するとは、一体どのようなやりかたなのでしょうか。
大まかな流れを紹介します。

クレカを現金化する方法は、まずショッピング枠で商品を購入するところから始まります。
つまり、通常のクレジットカードの利用という事ですね。
具体的な現金化のやりかたは2通り。
購入した商品を自分で転売し現金を作るか、現金化業者を通して現金に換えます。

自分で現金化をする場合、中古買取専門店やインターネットオークションなどで転売をする必要があります。
自分で現金化を行う場合、換金率を考えて商品を購入しなければなりません。
また、必要な現金の金額によって購入する商品も選ぶ必要があるのです。
ブランド品や最新のゲーム機など、換金率が高い商品を選ぶことになります。
ただし、換金率の高い商品は転売目的で購入する方が多いため、クレジットカード会社も目を光らせています。
ブランド品やゲームなどを大量に購入してしまうと、クレジットカード会社から連絡が入った上でカードが利用停止になる場合もあるのです。
最悪の場合は、クレジットカードを強制退会させられてしまうこともあります。

安全にクレカ現金化をするポイントは、常識の範囲内で換金率の高い商品を購入するというやりかたです。
ブランド品は高額であるため、クレジットカードで購入する方がほとんどです。
クレジットカードで購入をしても不自然ではない物なのです。
そのため、ブランド品を1点購入するというやりかたが安全であり、おすすめですね。
最新のブランド品や定番のデザインであれば、買取価格も高いケースが多いでしょう。