menu

クレカ現金化で起こり得るトラブルとは

HOME » クレカで現金化 » クレカ現金化で起こり得るトラブルとは

クレカ現金化で起こり得るトラブルとは

クレカの現金化では、トラブルに巻き込まれるケースも多いのです。
現金化で起こるトラブルは主に2つあります。

1つはクレジットカードを不正利用されるというトラブルです。
クレカ現金化業者を利用する際には、クレジットカードの名義人氏名と身分証明書が必要となります。
クレジットカード名義人の部分のみ、身分証明書の氏名と照らし合わせるために必要となります。
これは、盗難や身内を含めて他人のクレジットカードを利用していないことを証明するために必要な作業です。
申込者が窃盗などを行う犯罪者である場合もあるため、現金化業者側もしっかりと確認を行う必要があります。
ただし、クレジットカード現金化では、クレジットカード番号といった情報は必要ありません。
悪徳業者は、クレジットカードに関するすべての情報を提供するように促します。
クレジットカード番号やセキュリティコードなどを提供してしまうと、クレジットカード不正利用などの被害に遭う可能性があるのです。
重要な事は、むやみに個人情報を提供しないことです。
現金化業者を疑った場合には現金化に申し込むことを中止し、身分証明書等の提出も止めましょう。

2つ目は詐欺被害に遭うというトラブル。
悪徳業者でクレカの現金化を申し込んでしまうと、還元率よりも低い金額が振り込まれるという詐欺被害に遭う可能性があります。
90%以上の還元率を謳いながら、手数料と称し実際には60%ほどの還元率になるというトラブルが多いのです。
また、現金の振り込み自体が行われないという詐欺被害も起こっています。

クレカの現金化でトラブルに巻き込まれるケースは、決して珍しいことではありません。
現金を必要としているため焦ってしまい、業者の実態をリサーチしないために起こる場合もあります。
口コミサイトや、現金化業者のホームページなどを確認し、優良な現金化業者を探すことが大切です。
悪徳業者に申し込んでしまった場合であっても、知識を持っていることによってトラブルを回避できるでしょう。