menu

クレカの現金化をする際の注意点

HOME » クレカで現金化 » クレカの現金化をする際の注意点

クレカの現金化をする際の注意点

クレカの現金化を行う前に、クレカ現金化を行った場合に起こり得るトラブルや注意点を確認しておきましょう。
クレカの現金化を行う方のほとんどは、消費者金融からの借り入れが出来ない状態になった方です。
消費者金融の金利は、無理なく返済が出来るように法律で定められています。
その金利ですら返済が出来なかった方が、結果的に高金利となるクレカの現金化で返済を出来るでしょうか。

実は、クレカの現金化を行った方は、引き落とし日にクレジットカード会社へ支払うべきお金を支払えない方が多いのです。
支払が滞り、カードの利用停止、利用分の一括請求などによってお金が回らない状態になります。
注意点としては、慢性的な金欠の方はクレカの現金化は行うべきではないという事です。
突発的に現金が必要であるという場合にのみ、有効な手段であると考えておきましょう。
大手の消費者金融から借り入れが出来ない状態であるからといって、高金利の闇金やクレカの現金化を行う必要はないのです。
大手ではなく中小消費者金融であれば、年利は法律で定められている20%以下で借りることが出来ます。

また、クレカ現金化は違法ではないものの、クレジットカード会社の利用規約に違反する行為です。
クレジットカード会社によって対応が異なり、一度でも不審なカード決済があれば即座に利用停止となるカード会社もあります。
クレカの現金化を行う上での注意点として、利用するカード会社の基準も確認しておくと良いでしょう。
どのカードが最もリスクを抑えて現金化が出来るのかという点が重要です。
業者を利用する場合、カード会社のペナルティ基準を質問・確認してみることがおすすめです。

クレカの現金化を安全に行うためには、この様な質問にも真摯に対応をしてくれる業者を選びましょう。
クレカ現金化業者を利用した際に多いトラブルは、悪質業者による詐欺事件です。
自身の経済状況を再度確認した上で、優良な業者を利用してクレカの現金化を行ってください。