menu

クレカの現金化は違法?

HOME » クレカで現金化 » クレカの現金化は違法?

クレカの現金化は違法?

クレカの現金化は、現金化業者が大きな広告を出していることを考えると、安全なのではと感じてしまいます。
しかし、実は危険な方法であることを忘れないようにしましょう。

まず、クレカの現金化は、クレジットカード会社の利用規約で禁止されている行為です。
当然、カード会社によらず全てのクレジットカード会社の規約で禁止となっています。
クレジットカードには、キャッシング枠という現金の借り入れ機能が付帯しているのです。
クレジットカードを利用して現金を手に入れる場合、キャッシング枠を利用する分には問題がありません。
キャッシング枠を利用する場合、返済の見込みがある上限が設定されており、金利も定められています。

しかし、クレカの現金化といえば「ショッピング枠」を利用した方法です。
ショッピング枠にも限度額はあるものの、金利などは定められていません。
キャッシング枠とは異なる性質のサービスであり、ショッピング枠は買い物の代金をカード会社が立て替えているようなものです。
そのため、カード会社に対して支払いをするまでは、購入した商品はカード会社のものであるという考え方が出来るのです。
カード会社に所有権があるともいえる商品を転売(手放す)という行為に問題があるという事になります。

つまり違法では無いものの、カード会社との約束、利用規約には違反する行為なのです。
しかし、規約違反となればカード停止、カード会社から強制退会などの措置が取られることとなります。
また、クレカの現金化を行う業者の中には悪徳業者も存在し、詐欺など違法行為を行う業者も多いのです。
詐欺被害などトラブルに巻き込まれた上に、クレジットカード会社にクレカの現金化を行ったことが知られてしまうなどという事も予想が出来ます。

クレカの現金化に対する法律はなく、現金化という行為自体が違法ということにはならないでしょう。
ただし、様々なリスクを伴う方法であるという点は忘れないようにしてください。