menu

クレカで現金化って安全?

クレカの現金化を行う際のポイント

クレカの現金化とは、クレジットカードに付帯しているキャッシング枠ではなくショッピング枠を利用して現金を作る方法です。
クレジットカード本来の使用用途とは異なる方法であり、すぐに現金を作らなければならない場合に利用される手段でもあります。
消費者金融でお金を借りることに抵抗がある方も多く、銀行のカードローンは審査に時間が掛かるため、時間もかからず審査も必要としないクレカの現金化は非常に便利な方法でもあります。
しかし、クレカの現金化には沢山のリスクがあるのです。
まずは安全に行う事を第一に考えなければなりません。

▼ 目次

買い取り方式とキャッシュバック方式とは?

クレカの現金化には、主に買い取り方式とキャッシュバック方式という2つの方法があります。
まずは買い取り方式ですが、購入した商品を業者へ転売し、現金を得るという方式です。
しかし、基本的にクレカのショッピング枠で購入した商品は、購入時点では商品に関する権利はカード会社にあります。
カードの利用料支払い日に、カード会社に利用料を支払うことによって、カード所有者の所有物になるという考え方です。
そのため、購入をした直後に転売をする事は、「他人(カード会社)の物を転売した」という事になります。
罰せられるケースは非常に少ないものの、罪に問われても文句は言えないという状況です。

クレカの現金化を行うのであれば、キャッシュバック方式の方が安全性は高いといえます。
キャッシュバック方式とは、通常の量販店などでも行われているサービスであるためです。
家電量販店で買い物をした際、「ポイント還元」「キャッシュバックで実質0円」などという謳い文句を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
これらと同様の原理であるため、クレカの現金化においても買い取り方式よりも安全な方法であることが分かります。
具体的にクレカの現金化で行う場合には、現金化業者から指定の商品を購入し、キャッシュバックという名目で現金を送金してもらいます。
商品は買い取り方式の様に手放すことなく自身で所持しておくため、問題はありません。

クレカ現金化という行為は、違法では無いもののグレーゾーンであることは確かです。
クレジットカード会社がショッピング枠の現金化を認めていません。
そのため、カード会社からのペナルティを含め様々なリスクがあるのです。

カード会社からのペナルティでは、カードの利用停止、強制退会です。
不審な利用履歴が発覚することで、まずはカードが利用停止となります。
その後、カード会社の判断によっては強制退会となるのです。
その場合、利用した金額は一括で支払わなければなりません。
現金化に利用した分も当然に支払わなければならず、別の方法で借金をすることになる可能性があります。

悪質な業者に騙されないように

他には、悪質な業者に騙され、犯罪に巻き込まれるというリスクもあります。
消費者庁が注意を促しているほど、全国に悪質な業者が広がりを見せています。
良心的な換金率を売りにする業者も多く、運営歴が長い業者は比較的安全に現金化を行うことが出来るでしょう。
しかし、しっかりとしたリサーチを行わずに現金化業者を利用してしまうと、詐欺被害などに遭うケースがあるのです。
知らされていた換金率と異なる金額が送金される、送金自体が行われない、個人情報を悪用して脅すなど、様々な犯罪に巻き込まれるケースが多くなっています。

クレカの現金化を安全に行うためには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。
まずは、現金化業者の実態を確認すること。
クレジットカード現金化の口コミや評判などで調べる事や、ホームページに掲載されている会社情報などから住所を、Googleのストリートビューなどで確認を行いましょう。
また、問い合わせ先として記載されている電話番号には必ず電話をかけます。
換金率や手数料などを質問し、スタッフの対応を確認しましょう。
悪質な業者であれば電話が繋がらない場合もあります。

悪質な業者と関わるリスクを避けるのであれば、自分で現金化を行うこともおすすめです。
ただし、換金率の高い商品を購入することになるため、カード会社に利用履歴を疑われるリスクは高くなります。
金券などの換金率が高い商品を大量購入しないように注意が必要です。
換金率の高い商品に関しては、カード会社に疑われるだけではなく、金券ショップでも買い取りを拒否される可能性があります。

さいごに

クレカの現金化には、様々なリスクが付きものです。
ショッピング枠を現金化するというクレカ本来の利用用途とは異なるため、リスクは仕方のない事であるとも考えられますね。
現金化を検討しているほとんどの方が、早く現金を作らなければならないと焦っているはずです。
しかし、現金化業者を利用する場合、十分なリサーチが必要となります。
悪質な業者と関わり、犯罪に巻き込まれることを防ぐためです。
また、自分で行う場合であってもカード会社に疑われない様な商品を選び、換金率が高くなる方法で転売をしましょう。
どちらの場合も、事前準備が大切になるのです。
焦らずに確認をしてから、行動を起こしましょう。